竜巻発生のメカニズム

昨日の夕方、福岡県で竜巻が発生したそうです。
ビニールハウスが飛ばされるなどの被害があったそうですが、けがをした人はいなかったようなのでよかったです。
これに関連して、今日は竜巻発生のメカニズムについてお話ししたいと思います。

まず、空気が暖められると、それが上空の冷たい空気とぶつかって積乱雲が発生します。
(このへんは、中2の地学で勉強しますね。)
そして、積乱雲がさらに発達すると強い上昇気流が発生します。
その上昇気流に回転の力が加わると竜巻となるわけです。
なので、竜巻は7月~9月に発生することが多くなります。

今年は梅雨明けが早く、連日猛暑が続いてますので、水分を摂取して熱中症にならないように気を付けましょうね!

  1. 2024.07.19

    【前期中間テスト】結果発表!!

  2. 2024.07.11

    夏期講習2024 一般お申込み受付開始!!

  3. 2024.07.05

    光るスライムを作ろう!! 夏休み理科実験教室のお知らせ【…

  4. 2024.07.04

    令和7年度 福岡県立高等学校入学者選抜日程

  5. 2024.07.01

    偏差値の推移 入塾3カ月のSくん